コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開封 カイフウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ふう【開封】

[名](スル)
郵便物などの封を切ること。「無断で開封する」
上端を切り取り、中が見えるようにした郵便物。第三種・第四種郵便物に行う。ひらきふう。

かいほう【開封】

中国河南省黄河南岸にある工業都市。戦国時代魏(ぎ)の都、のち五代後梁後晋後漢後周北宋の都、一時はの都ともされ、大梁・東都開封府・東京(とうけい)・汴京(べんけい)などとよばれ、栄えた。絹織物など工芸も盛ん。カイフォン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

開封【かいほう】

中国,河南省の中心都市。旧省都。黄河南部の大平原の中心部に位置し,隴海(ろうかい)鉄路や黄河によって,東部平野の物産の大半を集散する。古く【べん】梁(べんりょう),大梁,【べん】京(べんけい),東京と称し,中原の政治,経済,文化の中心として,五代の4王朝と北宋の首都であった。
→関連項目靖康の変鄭州

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいほう【開封 Kāi fēng】

中国,河南省の直轄市。人口72万(1994)。黄河のすぐ南,隴海(ろうかい)鉄道に沿う古い歴史をもつ大都市。すでに殷代から開発されていた中原地域に位置するが,開封の名は春秋時代,鄭(てい)の荘公が封疆(ほうきよう)を開拓する意味で作った城邑に由来する。戦国時代,秦に圧迫された魏の恵王は,前362年,都をここにうつし大梁と呼んだ。魏の富強を背景に,江淮(こうわい)地方に向けて水路が整備され,商業の中心となり,また《孟子》の梁の恵王との対話でも知られるように,斉の下(しよくか)(稷門)とならんで,戦国学術の一中心地ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいふう【開封】

( 名 ) スル
手紙などの封を開くこと。
封筒の一部を切り取って中が見えるようにした郵便物。ひらきふう。

かいほう【開封】

中国、河南省北部の都市。黄河中流の南岸に位置する。戦国時代の魏以来、数々の王朝の都が置かれた古都で、史跡が多い。古称、大梁たいりよう・東京とうけい・汴京べんけい、汴梁べんりよう。カイフォン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の開封の言及

【河南[省]】より

…省域の大部分は河南道で,一部は河北・淮南・山南の3道に分属していた。唐が滅んだのち,五代では後唐が洛陽に都をおいたほかは,みな東方の汴州(べんしゆう)(開封)を都としたのは,そこが平原に位置し,洛陽に比べていっそう水運の便に恵まれていたからであった。宋代になると汴州は汴京(べんけい)開封府といい,北宋一代にわたり全中国の国都として栄えた。…

【東京夢華録】より

…中国,北宋の都汴京(べんけい)(河南省開封)の都市繁盛記。10巻。…

※「開封」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開封の関連キーワードchild resistantフードドライブの日開封(かいふう)ペーパーナイフ第三種郵便物第五種郵便物48DVD音声メール信書開披罪UHT牛乳清明上河保護預り受信確認勅封蔵開き封朱全忠史跡古都古称張路

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開封の関連情報