コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇那曷叱知 そなかしち

2件 の用語解説(蘇那曷叱知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇那曷叱知 そなかしち

日本書紀」にみえる任那(みまな)(朝鮮)の使節。
崇神(すじん)天皇65年朝貢使として来日。垂仁(すいにん)天皇2年に帰国の際,天皇から任那王におくられた赤絹100匹を途中で新羅(しらぎ)(朝鮮)人にうばわれたため,任那と新羅両国の不和がはじまったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇那曷叱知

「任那」から最初に朝貢のために渡来したと伝える伝説上の人物。『日本書紀』によると,崇神65年に来日し,垂仁2年に帰国したが,帰国の際に賜った品物を途中で新羅が奪ったために両国の怨が始まったとの説を伝える。意富加羅国つまり任那加羅(金官。韓国金海市)から渡来した王子都怒我阿羅斯等と同一人とみる見解があり,蘇那は金の国,曷は大または加羅,叱知は首長の意なので,鉄(金属)の国を意味する素奈羅の中国風の表記である金官国(任那加羅)の王または王子という点で両者は一致する。『日本書紀』の編纂段階で,「任那」を倭の王権の属国とみる歴史像が形成されるなかで作られた,象徴的人物であろう。<参考文献>三品彰英『日本書紀朝鮮関係記事考証』上

(鈴木靖民)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇那曷叱知の関連キーワード漢氏唐木進貢船唐土渡来人ラーケン樺太玉島絵ジャガタラ目頬子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone