蘭交(読み)らんこう

精選版 日本国語大辞典「蘭交」の解説

らん‐こう ‥カウ【蘭交】

〘名〙 (「易経‐繋辞上」に「二人同心、其利断金、同心之言、其臭如」とあるのによる) 親しいもの同士の交際。親友のまじわり。その美しさを蘭の香にたとえていう。蘭契。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔孟郊‐乙酉歳舎弟扶侍帰興義荘居後独止舎待替人詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蘭交」の解説

らん‐こう〔‐カウ〕【×蘭交】

《「易経」繋辞上から》友人間の、心の通い合った交わり。その美しさを蘭の香りにたとえていう。金蘭の契り。蘭契。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android