コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟郊 もうこうMeng Jiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孟郊
もうこう
Meng Jiao

[生]天宝10(751)
[没]元和9(814)
中国,中唐の詩人。武康 (浙江省徳清県) の人。字,東野。初め嵩山に隠棲していたが,都へ出て貞元 12 (796) 年進士に及第。りつ陽 (りつよう) の尉となったが職務をとらず詩をつくっていたので,代理をおいて俸給を半分ずつにしたという。かなり気むずかしく人づきあいが悪かったが,韓愈とは親交を結び,20歳近く年長でありながら韓愈に師事して賈島 (かとう) とともにその一派に属し,苦吟を重ね,「孟東野体」とも呼ばれる凄涼な詩風を築いて「島寒郊痩」と評された。詩文集『孟東野集』 (10巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もうこう【孟郊 Mèng Jiāo】

751‐814
中国,中唐詩人。字は東野。湖州武康(浙江省)の人。青年時代は嵩山(すうざん)(河南省)に隠棲していたが,50歳近くになってから科挙を受験,及第して地方官となった。しかし,官僚としては不遇で貧しかった。性格は狷介(けんかい)であったが,当時の代表的文人官僚韓愈とは終生親交を結び,韓愈を中心とするグループに属した。苦吟型の詩人で,その詩風は賈島(かとう)と合わせて〈郊寒島瘦〉と評される。とくに五言古詩に長じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孟郊
もうこう
(751―814)

中国、中唐の詩人。字(あざな)は東野(とうや)。貞曜(ていよう)先生と称される。湖州武康(浙江(せっこう)省武康県)の人。40歳を過ぎて科挙に応じ、796年(貞元12)に及第。800年、50歳で初めて(りつよう)(江蘇(こうそ)省)の尉(い)に任ぜられた。しかし意を得ずにやがて辞任。のち洛陽(らくよう)で職を得たこともあるが、おおむねは不遇のうちに過ごし、興元(陝西(せんせい)省)節度使の鄭余慶(ていよけい)に招かれて赴任する旅先に死んだ。硬質な印象を与える難解な語句を多用し、沈鬱(ちんうつ)な調子をもつその詩は、のちに蘇東坡(そとうば)から賈島(かとう)とともに「郊寒島痩(そう)(孟郊は寒々とし、賈島はやせ細っている)」と評されたが、同時代の韓愈(かんゆ)らは漢魏(ぎ)詩の風韻をもつとして高く評価した。韓愈とは親交があり、「孟詩韓筆(詩は孟郊で文章は韓愈)」と並称される。『孟東野詩集』10巻がある。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

孟郊の関連キーワード郊寒島痩・郊寒島瘦忘形の交わり韓雲孟竜寇準聯句貞元俸給元和張籍

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android