(読み)アララギ

デジタル大辞泉の解説

あららぎ【×蘭】

イチイの別名。
ノビル古名
「一根(ひともと)の―を採りて」〈北野本允恭紀〉

らに【×蘭】

《「らん」の撥音「ん」を「に」と表記したもの》フジバカマの古名。
「―の花のいとおもしろきを持(も)給へりけるを」〈藤袴

らん【×蘭】

ラン科の単子葉植物の総称。約2万種が熱帯を中心に広く分布。地中に根をはる地生のほか着生腐生もあり、ふつう多年草。花びら・萼(がく)とも3枚ずつで、1枚は形や色の変化した唇弁となり、花形は左右相称。一般には観賞用のものをいい、産地により東洋ランと洋ランに分け、品種が多い。シュンランカンランカトレアなど。 秋》「―の香やてふの翅(つばさ)にたき物す/芭蕉
紋所の名。1の花を図案化したもの。
フジバカマの別名。
和蘭(オランダ)」「阿蘭陀(オランダ)」の略。

らん【蘭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ラン(呉)(漢)
キク科の草の名。フジバカマ。「蘭草」
ラン科植物の総称。また、それに類したもの。「金蘭紫蘭春蘭鈴蘭(すずらん)葉蘭(はらん)木蘭君子蘭竜舌蘭
芳しく美しいものの美称。「芝蘭(しらん)
文書を扱う役所。「蘭台
梵語や外国語の音訳字。「阿蘭若(あらんにゃ)阿蘭陀(オランダ)
オランダ。「蘭医蘭学蘭書蘭方
[名のり]か
[難読]英蘭(イングランド)和蘭(オランダ)蘇格蘭(スコットランド)新西蘭(ニュージーランド)芬蘭(フィンランド)波蘭(ポーランド)蘭引(ランビキ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あららぎ【蘭】

植物イチイの別名。
植物ノビルの古名。 「其の-一茎ひともと/日本書紀 允恭訓

らん【蘭】

ラン科植物の総称。熱帯産で色の鮮明なカトレア・胡蝶蘭などの洋蘭と、温帯産で帯緑色系の花をつける春蘭・寒蘭などの東洋蘭がある。花冠は独特な形をし美しい種が多数あり、観賞植物として珍重される。 [季] 秋。 → 蘭科
フジバカマの古名。らに。 「 -の花の、いとおもしろきを/源氏 藤袴
家紋の一。の花や葉を図案化したもの。三つ蘭丸・向かい蘭菱など。
「和蘭オランダ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蘭 (アララギ・ラン)

植物。野蒜の古名

蘭 (アララギ)

植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。イチイの別称

蘭 (アララギ)

植物。ユリ科の多年草,高山植物ギョウジャニンニクの別称

蘭 (フジバカマ)

学名:Eupatorium fortunei
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

蘭 (ラン)

植物。ラン科の植物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あららぎ【蘭】

〘名〙
① 植物「のびる(野蒜)」の古名。
※書紀(720)允恭二年二月(図書寮本訓)「圧乞(いで)、戸母(とじ)、其の蘭(アララキ)一茎(ひともと)
② 植物「ふじばかま(藤袴)」の異名。《季・秋》
※至宝抄(寛永一一年本)(1634)「はつ秋〈略〉蘭(アララキ)
③ 植物「いちい(一位)」の異名。《季・春》
▼あららぎの実《季・秋》

らに【蘭】

〘名〙
① 植物「ふじばかま(藤袴)」の古名。《季・秋》
躬恒集(924頃)「らに あき風にかをのみそふる花なればにほふからにぞひとにつまるる」
② 「らん(蘭)①」の変化した語。

らん【蘭】

[1] 〘名〙
① ラン科の植物の総称。世界中に約二万種、日本にはシュンラン・カンラン・シラン・セッコクなど二〇〇種近くが知られる。花は独特な形態をしていて美しいものが多く、観賞用に栽培される。→蘭科
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「蘭の香やてふの翅(つばさ)にたき物す」
② 植物「ふじばかま(藤袴)」の異名。《季・秋》
※能因歌枕(11C中)「ふぢばかまとは、らんを云」 〔易経‐繋辞上〕
③ 植物、蘭(あららぎ)をいう。
※太平記(14C後)一二「去仁和の比、讚州の任に下給しには、甘寧が錦の纜(ともづな)を解き、蘭(ラン)の橈(さを)・桂の檝、舷(ふなばた)を南海の月に敲きしに」
紋所の名。①の花を一つあるいはいくつかを組み合わせて図案化したもの。三つ蘭の丸、向い蘭菱、蘭の花などがある。
⑤ (オランダの服の意から) 江戸の芝居仲間の通言で、着物をいう。
※洒落本・品川楊枝(1799)「『ぬしゃア芝居の事がくはしひから芝居のふちゃうを咄しねへ』『ちっと斗り咄しやせふ〈略〉きものを「らん」帯を「ぐる」餠を「孫兵衛」』」
[2] オランダのあて字「阿蘭陀」の略。
※蘭学階梯(1783)例言「其国都て七州、総称してネヰデルランドと云ふ。和蘭は其一なり、吾が輩単へに蘭と唱へ」
[語誌]中国では、古くは「蘭」はキク科の香草で、多く「菊」と対で詠まれる。香嚢にして身につける蘭を「芷蘭(しらん)」といい、「芷蘭」は「蘭」の美称ともなった。「蘭」「芷蘭」ともに字音語でも行なわれた。日本でも上代から例がみられるが、総じて香りの高い植物をいったもので、種類を特定しにくい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘭の関連情報