コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アララギ

デジタル大辞泉の解説

あららぎ【×蘭】

イチイの別名。
ノビル古名
「一根(ひともと)の―を採りて」〈北野本允恭紀〉

らに【×蘭】

《「らん」の撥音「ん」を「に」と表記したもの》フジバカマの古名。
「―の花のいとおもしろきを持(も)給へりけるを」〈藤袴

らん【×蘭】

ラン科の単子葉植物の総称。約2万種が熱帯を中心に広く分布。地中に根をはる地生のほか着生腐生もあり、ふつう多年草。花びら・萼(がく)とも3枚ずつで、1枚は形や色の変化した唇弁となり、花形は左右相称。一般には観賞用のものをいい、産地により東洋ラン洋ランに分け、品種が多い。シュンランカンランカトレアなど。 秋》「―の香やてふの翅(つばさ)にたき物す/芭蕉
紋所の名。1の花を図案化したもの。
フジバカマの別名。
和蘭(オランダ)」「阿蘭陀(オランダ)」の略。

らん【蘭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ラン(呉)(漢)
キク科の草の名。フジバカマ。「蘭草」
ラン科植物の総称。また、それに類したもの。「金蘭紫蘭春蘭鈴蘭(すずらん)葉蘭(はらん)木蘭君子蘭竜舌蘭
芳しく美しいものの美称。「芝蘭(しらん)
文書を扱う役所。「蘭台
梵語や外国語の音訳字。「阿蘭若(あらんにゃ)阿蘭陀(オランダ)
オランダ。「蘭医蘭学蘭書蘭方
[名のり]か
[難読]英蘭(イングランド)和蘭(オランダ)蘇格蘭(スコットランド)新西蘭(ニュージーランド)芬蘭(フィンランド)波蘭(ポーランド)蘭引(ランビキ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

らん【蘭】

鹿児島の芋焼酎。従来不可能といわれていた芋麹を用いた純芋焼酎。白麹仕込みと黒麹仕込みがある。原料はコガネセンガン、芋麹。アルコール度数25%。蔵元の「黄金酒造」は昭和24年(1949)創業。所在地は霧島市国分敷根。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿児島県、アットスター株式会社が製造・販売する芋焼酎。

スズキが1983年から製造・販売したスクータータイプのオートバイ。総排気量45cc(原動機付自転車)。エンジン形式は空冷2ストローク単気筒。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あららぎ【蘭】

植物イチイの別名。
植物ノビルの古名。 「其の-一茎ひともと/日本書紀 允恭訓

らん【蘭】

ラン科植物の総称。熱帯産で色の鮮明なカトレア・胡蝶蘭などの洋蘭と、温帯産で帯緑色系の花をつける春蘭・寒蘭などの東洋蘭がある。花冠は独特な形をし美しい種が多数あり、観賞植物として珍重される。 [季] 秋。 → 蘭科
フジバカマの古名。らに。 「 -の花の、いとおもしろきを/源氏 藤袴
家紋の一。の花や葉を図案化したもの。三つ蘭丸・向かい蘭菱など。
「和蘭オランダ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蘭 (アララギ・ラン)

植物。野蒜の古名

蘭 (アララギ)

植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。イチイの別称

蘭 (アララギ)

植物。ユリ科の多年草,高山植物ギョウジャニンニクの別称

蘭 (フジバカマ)

学名:Eupatorium fortunei
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

蘭 (ラン)

植物。ラン科の植物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蘭の関連キーワードオーキッドイギリス・オランダ戦争アラシャン[山脈]オランダ領東インドホーランシャンマイメイランファンフェンユゥランジャルタイ塩池金蘭の交わり波留麻和解蘭領インド道富波留麻【ぜん】善此糸・蘭蝶単子葉植物ランチョウトゥーランランビキ中川淳庵納蘭性徳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘭の関連情報