コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蘭 キンラン

デジタル大辞泉の解説

きん‐らん【金×蘭】

《「易経」繋辞上から》非常に親密な交わり。非常に厚い友情
ラン科の多年草。低山の木陰に生える。高さ約50センチ。葉は互生し、披針形で粗い縦じわがある。春、黄色の花を総状に10個ほどつける。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんらん【金蘭】

〔易経 繫辞上「二人同心、其利断金、同心之言、其臭如蘭」より〕 友情の大変にあついこと。親しくかたい交わり。
ラン科の多年草。草原や疎林内に生える。高さ50センチメートル 内外。狭い楕円形ないし披針形の葉を互生。春、茎頂に黄色の半開の小花を一〇個内外つける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金蘭 (キンラン)

学名:Cephalanthera falcata
植物。ラン科多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

金蘭の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽ギンラン(銀蘭)金蘭会高等学校千里金蘭大学金蘭の交わり大関 将一金蘭の契り五十公野城松村みね子ラン(蘭)中野南強前 大峰物部広泉大神虎主出雲広貞菅原岑嗣堀口藍園キンラン平元梅隣金蘭の友

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金蘭の関連情報