蘿窓(読み)らそう

百科事典マイペディアの解説

蘿窓【らそう】

中国,宋代の画僧生没年不詳。中国の画家伝《図絵宝鑑》によると,牧谿の開いた西湖の六通寺に住した僧で,牧谿に似た画風であったという。日本には淡彩水墨の《竹鶏図》が伝わる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android