コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘿窓 らそう

1件 の用語解説(蘿窓の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

蘿窓【らそう】

中国,宋代の画僧。生没年不詳。中国の画家伝《図絵宝鑑》によると,牧谿の開いた西湖の六通寺に住した僧で,牧谿に似た画風であったという。日本には淡彩水墨の《竹鶏図》が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

蘿窓の関連キーワード王建章夏珪日観尉遅乙僧玉澗巨然石恪李迪李唐雪村

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘿窓の関連情報