コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎門 こもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虎門
こもん

フーメン(虎門)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎門
こもん / フーメン

珠江(しゅこう/チューチヤン)は珠江デルタを形成しつつ、中国南部、広東(カントン)省で、数本の流れに分かれて海に注いでいる。そのうちもっとも東の分流がその出口につくるらっぱ状の海域を伶(れいていよう)とよぶが、この伶洋海域北端の珠江流出口左岸の丘を虎門とよび、珠江を通って広州(こうしゅう/コワンチョウ)市に出入りする船舶を監視する絶好の地点となっている。このため、1717年には要塞(ようさい)が設けられ、砲台が建設された。1840年のアヘン戦争では両広総督林則徐(りんそくじょ)に率いられた清(しん)軍がここでイギリス艦隊を砲撃し、イギリスが密輸入しようとした国禁のアヘンを焼き捨て、内外を震撼させた。現在もアヘン戦争人民抗英記念碑をはじめ、当時の史跡が多く残されている。また現在は深(しんせん/シェンチェン)と珠海を結ぶ高速道路橋が珠江河口を跨(また)いで架設され、港湾としても年100万トン余を積み下ろしできるコンテナ埠頭が完成した。大型火力発電も建設され、珠江デルタの交通上の要衝となっている。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

虎門の関連キーワード虎門寨追加条約コワンチョウ4月23日アヘン戦争広東(省)黄埔条約南京条約新井剛斎望厦条約桜田良佐若林友輔斎藤勝明林則徐租界耆英珠海珠江

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虎門の関連情報