コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫の生活 むしのせいかつZe života hmyzu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虫の生活
むしのせいかつ
Ze života hmyzu

チェコの作家 K.チャペックとその兄ヨゼフ共作の戯曲プロローグエピローグをもつ2幕から成る。 1921年執筆。 22年3月8日プラハの国民劇場で初演。ファーブルの『昆虫記』にヒントを得た風刺劇で,森の中で眠り込んだ浮浪者がみた夢の世界のチョウカブトムシコオロギ,アリなどの生活と生態を通して,人間社会における情欲,物欲,権力闘争などを描き出した作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

虫の生活の関連キーワードシーボルト(Karl Theodor Ernst von Siebold)ロス(Sir Ronald Ross)ヴィクトル ペレーヴィンカレル チャペックシストセンチュウトキソプラズマ症ロナルド ロスマラリア原虫レオミュールチェコ文学ロイカルトキジラミケイリン松くい虫正木進三昆虫園タマカ昆虫学名和靖生活型

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android