コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昆虫記 こんちゅうきSouvenirs entomologiques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昆虫記
こんちゅうき
Souvenirs entomologiques

フランスの博物学者 J. H.ファーブルの著書。全 10巻。副題に「昆虫の本能と習性についての研究」とあるが,綿密で科学的な観察記録であるとともに,一種の文学としても評価される。 1879年から 1907年にわたって逐次刊行され,急速に世界に普及した。本能習性の強調,C.ダーウィンの進化論への強硬な反発などの特色もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こんちゅうき【昆虫記】

《原題、〈フランスSouvenirs entomologiquesファーブル記録文学。10巻。1879~1910年刊。自伝的回想を交え、魅力的な文体で昆虫の行動と生活を綿密に記録したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

昆虫記【こんちゅうき】

ファーブルの主著。10巻,1879年―1910年刊。〈昆虫の本能と習性についての研究〉という副題が示すように,著者の自伝的回想をまじえながら,昆虫の生活を記録したもの。
→関連項目スカラベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんちゅうき【昆虫記 Souvenirs entomologiques】

フランスの博物学者ファーブルの主著。全10巻。第1巻は1879年,以下巻を追い,第10巻は1910年に刊行され,その後決定版が刊行されている。原書の副題にあるとおり〈昆虫の本能と習性についての研究Études sur l’instinct et les mœurs des insectes〉にほかならぬが,著者の自伝的回想をもまじえながら,肉眼をもって多くの昆虫の生態をつぶさに観察した記録を集成したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんちゅうき【昆虫記】

ファーブルの著書。全一〇巻。1910年完成。昆虫の生態を詳細に観察し、科学的かつ文学的に書き記す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆虫記
こんちゅうき
Souvenirs entomologiques, tude sur l'instinct et les murs des insectes

フランスの博物学者J・H・ファーブルの著作。1879~1910年に出版された全10巻の昆虫観察記録。副題として「昆虫の本能と習性の研究」とあるように、昆虫の生活における驚嘆すべき本能と習性を冷静に観察し、ときに巧みな実験によって明らかにしている。いくつかの章は自らの半生の自伝的回想にあてられている。観察の対象となった昆虫は多様で、クモやサソリも含まれる。糞(ふん)を丸めて餌(えさ)にしたり、そこに卵を産み付けるタマコガネ(フンコロガシ)の習性、著者の最初の研究対象になったハチの一種ツチスガリの狩猟方法などの記載はとくに有名。タマコガネの卵が、糞でつくられた洋ナシ型の玉の首のところに産み付けられることを、最初の観察から40年後に発見するくだりなどは、実に感動的である。『昆虫記』は文学的にみても優れた作品であり、文学者ロスタンはファーブルを、「詩人のごとき感覚をもち、詩人のごとく表現する」とたたえた。動物文学としてはシートンの『動物記』と肩を並べるが、『昆虫記』のほうがより客観的に対象をとらえており、擬人化の程度も少ない。『昆虫記』は日本ではとくに愛読され、和訳も数多い。[八杉貞雄]
『ルグロ著、平岡昇他訳『ファーブル伝』(1960・白水社) ▽山田吉彦・林達夫訳『昆虫記』全20巻(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の昆虫記の言及

【スカラベ】より

…また,その動作からdung‐pusherとも呼ばれる。【林 長閑】 ヒジリタマオシコガネは,ファーブルの《昆虫記》によって有名である。ファーブルは40年以上の歳月をかけてこの虫を調べ,その経過は《昆虫記》の,主として第1巻と第5巻に詳しく述べられている。…

【博物学】より

…アメリカでは全博物図鑑中の最大傑作といわれるJ.J.オーデュボン《アメリカの鳥類》がほぼ同時期に出版されている。一方,博物学書は文芸作品と同じ感覚でも鑑賞されるようになり,G.ホワイトの《セルボーン博物誌》を先駆けとして,J.H.ファーブル《昆虫記》やE.T.シートン《動物記》のような人気作品が書かれた。 20世紀にはいると博物学は,生物学プロパーというよりもむしろ専門家でない自然愛好者が手がける分野と考えられるようになり,記述の学あるいは自然観察の学の全般的衰退をみるに至った。…

※「昆虫記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

昆虫記の関連情報