コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚤取男 のみとりおとこ

1件 の用語解説(蚤取男の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のみとりおとこ【蚤取男】

歌舞伎舞踊。長唄。1929年2月明治座初演。作詞木村富子。作曲4世杵屋(きねや)佐吉。2世市川猿之助(猿翁)が創演し,得意とした〈猿翁十種〉の一。夏の夜に,独り者いなせ江戸っ子がノミに悩まされ蚊帳からノミを追って飛び出してくる。寝苦しさに涼んでいると,猫が出てじゃれつき,男とクドキ模様のしゃれた振りとなる。滑稽(こつけい)なしぐさなど猿之助の専売で,3世猿之助が受け継ぐ。【西形 節子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蚤取男の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone