コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇の目回し ジャノメマワシ

デジタル大辞泉の解説

じゃのめ‐まわし〔‐まはし〕【蛇の目回し】

劇場で、同心円の大小二つの回り舞台。また、その外周の部分だけを回すこと。幕末期に考案されたが、現在の歌舞伎劇場では用いない。蛇の目

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃのめまわし【蛇の目回し】

大小二つの同心円に分かれている回り舞台。内外互いに独立して回転させることができる。蛇の目。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蛇の目回しの言及

【回り舞台】より

…3世尾上菊五郎が《五十三駅》を上演したときに大道具の11世長谷川勘兵衛が,盆の中にもう一つ別の盆を切ることを考案し,内盆,外盆を反対の方向に回転させることもできる工夫をしたとされる(《戯曲年表》)。これを〈二重回し〉とも〈蛇の目回し〉ともいう。電力を利用するまでは,人力で回転させた。…

※「蛇の目回し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛇の目回しの関連キーワード長谷川勘兵衛(11代)歌舞伎座二重回し内外

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android