コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇の目 じゃのめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛇の目
じゃのめ

相撲で土俵外側に 20cmほどの幅でを敷いた部分をさしていう。踏み越し,踏み切りを判明しやすくするためのもの。元来は二重土俵の内と外の間に砂を敷いていたのが,1931 (昭和6) 年夏,土俵の直径が 13尺 (3.94m) から 15尺 (4.55m) に広がり一重土俵に変わったので,現在のようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐の‐め【蛇の目】

ヘビの目。また、それに似た、意地悪く冷酷そうな目。
ヘビの目のように太い輪の形をした図形。また、その形の紋所の名。
蛇の目傘」の略。
蛇の目回し」の略。
蛇の目の砂」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃのめ【蛇の目】

大小二つの同心円からなる文様・家紋。弦巻つるまきにかたどったもの。 「水の面にほつつりと一つ雨点の落ちて-を画く/自然と人生 蘆花
建築で用いる輪形の鉄の金具。肘壺ひじつぼの間に、摩擦を少なくするために差し込む輪など。
「蛇の目傘」の略。
「蛇の目回し」の略。
陶磁器を重ねて焼く時に、重ねた物どうしがくっつかないように下になる器物の内面の釉うわぐすりを丸くはがした跡。
キュウリなどの芯をくり抜き、小口切りにしたもの。のような形になることから。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の蛇の目の言及

【蛇の目傘】より

…雨傘の一種。竹の骨に紙を張り,上端を中心に同心円状の模様(蛇の目)を施した日本独特の傘。元禄(1688‐1704)のころから作られ,中央と周囲は青土佐紙,中間は白紙張りで,おもに僧侶や医師が用いた。…

※「蛇の目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛇の目の関連キーワード岸沢 式佐(10代目)ハルシャギク(春車菊)ハナワギク(花環菊)岸沢式佐(10代)蛇の目ミシン工業ディモルフォセカ土湯伝統こけしジャノメチョウジャノメナマコサンビタリアベニディウムハルシャギク小杉 二郎シネラリアミシン工業嶋田 卓弥オオヒカゲじゃのめやハルシャ菊ベニジウム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛇の目の関連情報