蛇の目(読み)じゃのめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「蛇の目」の解説

蛇の目
じゃのめ

相撲土俵外側に 20cmほどのを敷いた部分をさしていう。踏み越し,踏み切りを判明しやすくするためのもの。元来は二重土俵のと外の間に砂を敷いていたのが,1931 (昭和6) 年夏,土俵の直径が 13尺 (3.94m) から 15尺 (4.55m) に広がり一重土俵に変わったので,現在のようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の蛇の目の言及

【蛇の目傘】より

…雨傘の一種。竹の骨に紙を張り,上端を中心に同心円状の模様(蛇の目)を施した日本独特の傘。元禄(1688‐1704)のころから作られ,中央と周囲は青土佐紙,中間は白紙張りで,おもに僧侶や医師が用いた。…

※「蛇の目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android