外周(読み)がいしゅう

精選版 日本国語大辞典 「外周」の意味・読み・例文・類語

がい‐しゅう グヮイシウ【外周】

〘名〙
外側で測ったまわりの長さ。⇔内周
② ある範囲を囲んでいる部分。そとまわり。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉読書放浪「私の家紋は庵木瓜或は横木瓜が本紋であるが、俗に『内田轡』〈略〉と称する轡の円の外周に四ツ星を配する変り轡を用ゆるが普通で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「外周」の意味・読み・例文・類語

がい‐しゅう〔グワイシウ〕【外周】

物の外側で測ったまわりの長さ。「円柱外周」⇔内周
ある範囲をとりまく外側の部分。外側の周囲
[類語]周囲周辺ぐるり周縁周回辺り近辺四辺四方四囲四面八方まわり近く付近界隈かいわい近傍一帯へん見渡す限り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android