コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇の鬚 ジャノヒゲ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐の‐ひげ【蛇の×鬚】

ユリ科の常緑多年草。葉は細長く、叢生(そうせい)する。初夏、葉の間から花茎を出し、淡紫色の小花をつけ、秋に青黒い実をつける。実はよく弾むので、弾み玉とよばれる。根の肥大部を漢方で麦門冬(ばくもんどう)といい、滋養・鎮咳(ちんがい)薬とする。尉(じょう)がひげ。竜のひげ。 実=冬 花=夏》「―に実のなってゐし子供かな/草田男

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃのひげ【蛇の鬚】

ユリ科の常緑多年草。林地に生える。葉は根生し、長線形。夏、短い花茎に淡紫色の小花を総状につける。種子は球形、濃碧色で、弾力があり「はずみだま」と呼ばれる。肥厚した部分の根を麦門冬ばくもんどうと呼び、鎮咳・去痰きよたん・滋養強壮薬とする。竜のひげ。沿階草えんかいそう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛇の鬚の関連キーワードユリ科去痰総状林地根生