コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村草田男 なかむら くさたお

8件 の用語解説(中村草田男の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村草田男

俳人。中国福建省生。本名清一郎。早くから文学に志し、秋桜子の指導をうけ、『ホトトギス』で脚光をあびる。その後『万緑』を創刊、主宰した。『長子』『火の島』」などの句集の他著書多数。昭和58年(1983)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐くさたお〔‐くさたを〕【中村草田男】

[1901~1983]俳人。中国アモイの生まれ。本名、清一郎。「ホトトギス」の同人。新興俳句に対して批判的立場をとった。のち、「万緑」を創刊、主宰。句集「長子」「銀河依然」「美田」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中村草田男【なかむらくさたお】

俳人。本名清一郎。中国厦門(アモイ)日本領事館で生まれた。東大国文科卒。高浜虚子に師事し《ホトトギス》同人として活躍,石田波郷加藤楸邨とともに人間探究派と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村草田男 なかむら-くさたお

1901-1983 昭和時代の俳人。
明治34年7月24日清(しん)(中国)厦門(アモイ)生まれ。昭和9年高浜虚子の「ホトトギス」同人となり,21年「万緑」を創刊,主宰。人間探究派とよばれる。成蹊大教授,俳人協会初代会長をつとめる。58年芸術院賞。昭和58年8月5日死去。82歳。東京帝大卒。本名は清一郎。句集に「長子」「銀河依然」など。
【格言など】降る雪や明治は遠くなりにけり(「長子」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらくさたお【中村草田男】

1901‐83(明治34‐昭和58)
俳人。父の任地,中国厦門(アモイ)の日本領事館に生まれる。本名清一郎。1929年高浜虚子に師事,東大俳句会にて水原秋桜子らの指導を受けた。33年東大国文科卒。36年《長子(ちようし)》を上梓,清新な抒情と浪漫性を帯びた青春俳句によって秋桜子,山口誓子ら4S以後の《ホトトギス》の新人として川端茅舎松本たかしと共に登場した。内面の全人間的要請を有季定型の伝統形式を通して問うという一貫した理念を有し,素材と表現の拡充新化に傾斜した新興俳句や,客観写生・花鳥諷詠一辺倒の《ホトトギス》俳句にくみせず独自の立場をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかむらくさたお【中村草田男】

1901~1983) 俳人。中国アモイ生まれ。本名、清一郎。ホトトギス同人。人間探求派として知られ、「万緑」を創刊、主宰。句集「長子」「火の島」「万緑」「銀河依然」ほか。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村草田男
なかむらくさたお

[生]1901.7.24. 中国,アモイ
[没]1983.8.5. 東京
俳人。本名,清一郎。 1933年東京大学国文学科卒業。成蹊大学教授。 29年東京大学俳句会に入り水原秋桜子の指導を受け,34年『ホトトギス』同人。 46年『ホトトギス』を離脱して『万緑 (ばんりょく) 』を創刊主宰,人間性総体の表現を目指す独自の句風を完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村草田男
なかむらくさたお
(1901―1983)

俳人。明治34年7月24日、中国福建省厦門(アモイ)生まれ。本名清一郎。東京帝国大学独文科から国文科に転じ、正岡子規(しき)を卒論とする。1928年(昭和3)『ホトトギス』を読み、翌年、東大俳句会に入り、水原秋桜子(しゅうおうし)の指導を受けた。その後『ホトトギス』の新人として台頭、評論にも活躍して1934年、同人に推される。当時の新興俳句運動には終始批判的態度を通し、日野草城(そうじょう)のモダニズムを徹底的に非難した。石田波郷(はきょう)、加藤楸邨(しゅうそん)らとともに人間探求派、難解派とよばれる。第二次世界大戦中は「自由主義者」と中傷、圧迫された。『ホトトギス』を離れ、1946年(昭和21)『万緑(ばんりょく)』を創刊、主宰。生命賛歌というべき作品が多い。社会性俳句、前衛俳句を批判して、現代俳句の指導的存在でもあった。昭和58年8月5日没。句集に『長子』(1936)、『火の島』(1939)、『万緑』(1941)など、童話に『ビーバーの星』『風船の使者』など。成蹊大学教授。母校の東京・南青山の青南小学校に「降る雪や明治は遠くなりにけり」の句碑がある。[鷹羽狩行]
 万緑の中や吾子(あこ)の歯生え初むる
『『新訂俳句シリーズ 人と作品14 中村草田男』(1980・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村草田男の言及

【万緑】より

…俳句雑誌。中村草田男主宰。1946年10月創刊。…

※「中村草田男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村草田男の関連キーワード厦門大学廈門・厦門任地羅常培廈門アモイ国際マラソンジュジュ アクアモイストスキンケアモイスチャーバス高松誓厦門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村草田男の関連情報