滋養(読み)ジヨウ

  • じよう ‥ヤウ
  • じよう〔ヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 育て養うこと。
※乾坤弁説(1656)亨「霞は万物を滋養する徳気あり」 〔白玉蟾‐寒松序〕
② からだの栄養となること。動植物が成長する糧となること。また、そのもの。
※全九集(1566頃)四「気血滋養(ジヤウ)を失し周流せず」
※ながし(1913)〈森鴎外〉「何か滋養(ジヤウ)になるものを食べろと云って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滋養の関連情報