コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇遣い座 ヘビツカイザ

デジタル大辞泉の解説

へびつかい‐ざ〔へびつかひ‐〕【蛇遣い座】

赤道上の大星座の一。ヘルクレス座の南、天の川の西岸にあり、8月上旬の午後8時ごろ南中し、南の中天に見える。多数の球状星団がある。学名 〈ラテン〉Ophiuchus

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へびつかいざ【蛇遣い座】

八月上旬の宵に南中する星座。蛇座を東西に二分して大きく天球面を占める。両手で毒蛇をつかむギリシャ神話中の医術の神アスクレピオスに見たてたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蛇遣い座の関連キーワードバーナード星暗黒星雲毒蛇医術蛇座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android