蛮触の争い(読み)バンショクノアラソイ

精選版 日本国語大辞典の解説

ばんしょく【蛮触】 の=争(あらそ)い[=戦(たたか)い]

(「荘子‐則陽」の「有於蝸之左角触氏、有於蝸之右角蛮氏、時相与争地而戦、伏尸数万」による) 小さい料簡から互いにつまらないことで争うことのたとえ。蝸牛(かぎゅう)角上の争い。
※仏乗禅師東帰集(1335頃)国清寺「教禅蛮触闘、羸得滅霊蹤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android