コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀版大蔵経 しょくはんだいぞうきょうShu-ban da-zang-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜀版大蔵経
しょくはんだいぞうきょう
Shu-ban da-zang-jing

中国,宋の太平興国8 (983) 年に出版された大蔵経。これは出版された初めての総合的な大蔵経であり,蜀の成都で出されたので蜀版と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の蜀版大蔵経の言及

【大蔵経】より

… 木版印刷による最初の大蔵経は,宋の太祖・太宗の両朝,971年(開宝4)から983年(太平興国8)にかけて蜀で雕造され,国都の開封で印刷出版された。〈蜀版大蔵経〉と呼ばれ,毎行14字詰の巻子本の形式であった。これは宋朝による正法流布の功徳事業であったので,西夏,高麗,日本などの近隣諸国に国際友誼の意味をこめて贈与された。…

※「蜀版大蔵経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜀版大蔵経の関連キーワード漢訳大蔵経

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android