蜥蜴の尻尾切り(読み)とかげのしっぽきり

精選版 日本国語大辞典「蜥蜴の尻尾切り」の解説

とかげ【蜥蜴】 の 尻尾切(しっぽき)

不祥事などが露見したとき、蜥蜴を切り捨てて逃げるように、上の下位の者に責任をかぶせて、追及から逃れること。
※戦士の挽歌(1981)〈大藪春彦〉二部「ともかく、トカゲのシッポ切りの犠牲になるのは石川のようなプロパーだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蜥蜴の尻尾切り」の解説

蜥蜴とかげ尻尾切しっぽぎ

トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、下位の者に責任をかぶせて、上の者が追及から逃れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android