不祥事(読み)フショウジ

デジタル大辞泉 「不祥事」の意味・読み・例文・類語

ふしょう‐じ〔フシヤウ‐〕【不祥事】

関係者にとって不都合な事件事柄。「社員が不祥事を起こす」
[類語]凶事弔事事物事象物事現象出来事余事余所よそ他事他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「不祥事」の意味・読み・例文・類語

ふしょう‐じフシャウ‥【不祥事】

  1. 〘 名詞 〙 よくない事柄、事件。好ましくない事柄、事件。
    1. [初出の実例]「結婚がある以上、離婚なる不祥事も屡々生ずるのは」(出典:法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉二四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「不祥事」の解説

不祥事

池井戸潤経済小説。2004年刊行。2014年に日本テレビ系列で放映されたドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作ひとつ

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android