蜻蛉を切る(読み)とんぼをきる

精選版 日本国語大辞典「蜻蛉を切る」の解説

とんぼ【蜻蛉】 を 切(き)

歌舞伎のたての演技で、空中でとんぼ返りをする。
※現代風俗帖(1952)〈木村荘八〉幕間「年八十を越えたこの老優が実盛物語の瀬尾で落入りにトンボを切る(でんぐる返しを打つ)のは、悲壮です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android