蝶形図形(マウンダーの蝶形図形)(英語表記)Maunder's butterfly pattern

法則の辞典の解説

蝶形図形【Maunder's butterfly pattern】

縦軸に日面緯度,横軸に年をとって,黒点の出現する帯域をプロットすると,11年周期で高緯度領域から太陽赤道領域へと移動するため,蝶形の図形が得られる.1922年にマウンダーの発見になる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android