血小板数

内科学 第10版の解説

血小板数(血小板機能検査)

(2)血小板数
 末梢血には約15~35万/μLの血小板が存在し,血小板数が10万/μL以下の場合,血小板減少とされる.出血傾向が明らかになるのは血小板数が約5万/μL以下の場合である.EDTA依存性偽性血小板減少症に留意すべきである.通常,血小板数測定には抗凝固薬としてEDTA(エチレンジアミン四酢酸 )が用いられているが,まれにこのEDTAの作用により血小板が凝集塊を形成する場合がある.自動血球計数器においてこの凝集塊が1つの細胞と認識され,見かけ上血小板減少をきたす現象である.免疫グロブリンが,EDTA存在下で血小板どうしを結合させるためにこのような現象が起きる.塗抹標本や抗凝固薬なしの採血直後に測定し血小板数が正常であることを確認する.生体内では血小板数は正常であるため治療の必要はない.[冨山佳昭]
■文献
尾崎由基男:血小板系検査.図説 血栓・止血・血管学−血栓症制圧のために(一瀬白帝編), pp750-755,中外医学社,東京,
2005.高見秀樹,玉井佳子:出血時間測定.血小板生物学(池田康夫,丸山征郎編),pp719-726,メディカルレビュー社,東京,2004.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

四訂版 病院で受ける検査がわかる本の解説

血小板数

基準値

15万~35万/μℓ

血小板とは

 赤血球中に含まれる有形成分のひとつで、おもに止血の働きをしている。


おもに出血傾向や貧血を調べる検査です。血小板は、減少すると出血しやすくなり、凝集能力が高まると血栓ができやすくなります。

減少すると出血しやすい、血が止まりにくくなる

 血小板の中心的役割は止血です。血小板には粘着能力と凝集能力があり、血管が損傷する(破れる)と血管壁にくっつき(粘着)、活性化することでお互いがくっつき(凝集)、大きな塊をつくって損傷部を塞ぎ、出血を止めます。

 したがって血小板数が減少すると出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなります。血管や血小板、血液凝固因子の変化により出血しやすくなったり、止血しにくくなることを出血傾向(出血性素因)といいますが、何らかの原因により出血傾向や貧血がみられるとき、必ず行う検査のひとつが血小板数です。

増加すると血栓症に注意

 骨髄増殖性疾患では血小板数が増加しますが、この場合は血小板機能異常を伴うため、増加による血栓症とともに出血傾向に注意する必要があります。

5万以下になると50%の人が出血しやすくなる

 血小板数は、自動血球計数器によって測定されます。15万~35万/μℓが基準値で、一般に10万以下が血小板減少症、40万以上が血小板増多症とされています。血小板数が5万以下になると50%の人が出血しやすくなり、1.5万~2.0万以下になると必ず出血します。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

凝集能力の亢進は脳梗塞や急性心筋梗塞などの引き金に

 血小板は、その数だけでなく凝集能力にも注意が必要です。血小板のくっつく能力が亢進こうしんする(高まる)と血栓がつくられ、これが脳血管や心臓の冠動脈につまって脳梗塞こうそくや急性心筋梗塞などを引きおこすことになります。

 凝集能力を調べる検査(血小板機能検査)は、血小板数が基準値内でも出血傾向がみられる場合や、血小板減少症などのときに行います。

血小板減少症は脳出血などの大出血に注意

 血小板減少症は出血傾向と直接関係するため、血小板機能検査を含めた精密検査が必要です。

 また、減少症は、紫斑や粘膜出血、鼻出血、消化管出血だけでなく、脳出血などの生命を脅かす大出血をおこすこともあるので、食事をはじめとする生活改善が大切です。

 逆に、血小板が極端に増加する場合には、血栓症予防のためにアスピリンやワーファリンなどの薬剤を投与します。

疑われるおもな病気などは

◆高値(血小板増多症)

 →骨髄増殖性疾患(本態性血小板血症、慢性骨髄性白血病など)、感染症、血栓症など

◆低値(血小板減少症)

 ・産生低下→再生不良性貧血、急性白血病、巨赤芽球きょせきがきゅう性貧血など

 ・破壊亢進→機能亢進(肝硬変、バンチ症候群)、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、全身性エリテマトーデス(SLE)など

 ・分布異常→播種はしゅ性血管内凝固症候群(DIC)など

医師が使う一般用語
「プレイトレット」=platelet(血小板)から。また、略語plから「ピーエル」

出典 法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」四訂版 病院で受ける検査がわかる本について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血小板数の関連情報