コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血小板 けっしょうばんplatelet

翻訳|platelet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血小板
けっしょうばん
platelet

血球,赤血球とともに血液中の有形成分の一つで,止血血液凝固にきわめて重要な役割を果す小細胞片。正常人では,血液 1mm3中に 12~40万個含まれる。血小板は,血管外に出るともろく,凝集しやすい。小血管が損傷すると,数秒後には血小板が血管表面に付着し,互いにくっつき (凝集) ,すみやかに小さい血栓をつくって,止血に役立つ。血小板には,種々の凝固因子や血餅退縮現象に必要な物質が含まれており,これまで第 IX因子まで提唱されているが,最も重要なのは血液凝固因子の第 III因子 (血小板第 III因子) である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

血小板【けっしょうばん】

血球の一種。骨髄の巨大核細胞の細胞質がちぎれてできたもの。直径約2μmの小円板で,核はない。健康人で1mm3の血液中に20万前後。寿命は7〜10日。出血した時など活性化された血小板は傷口に多数集まり,変形し偽足を出して,顆粒内容物を放出する。
→関連項目アレルギー反応血液血液製剤血球サイトメガロウイルス成分献血造血幹細胞移植溶血性尿毒症症候群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

血小板

 直径1〜2mmの核のない細胞で,骨髄で作られ,血液凝固に重要な役割を果たす.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けっしょうばん【血小板 thrombocyte】

血液中の血球の一つで,顕微鏡下でごみのように見える小体。直径1~3μmで,骨髄内の巨核球と呼ばれる母細胞の細胞質がちぎれて血液中に出現したものである。正常では,血液1mm3当りおよそ15万~30万個存在し,循環血中での寿命は約10日である。血小板の細胞膜は血管以外の異物に粘着しやすい性質を有し,また細胞内に含まれている化学物質を放出して血小板どうしが互いに凝集して細胞塊を形成する。このような性質があるため,血管が破れると血小板が粘着,凝集して破れた部位に栓をして,出血を止めるのに重要な役割をはたす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けっしょうばん【血小板】

血液の有形成分の一。無核でさまざまな形をした2~4マイクロメートルの小体。骨髄巨核球からつくられる。血液凝固に重要な働きをする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血小板
けっしょうばん

骨髄にある多形核巨大細胞の細胞質からちぎれて生じ、流血中に入った有形成分をいう。径2~4マイクロメートルの顆粒(かりゅう)をもった無核の小体である。血中の濃度は1立方ミリメートル中25万~35万個で、半減期は約7日である。血小板中には、筋原線維(筋線維内で収縮をつかさどる細い線維)の中に含まれているものと同じアクチンやミオシン、さらにグリコーゲン、リボソームが含まれている。その顆粒の一種には、アデノシン二リン酸(ADP)、アデノシン三リン酸(ATP)、セロトニン、カルシウムを含み、他の顆粒中には血液凝固因子その他のタンパク質を含む。
 血管壁が損傷されると、血小板は、そこの露出したコラーゲン(硬タンパク質)に粘着し、周辺部の細管から顆粒の内容物を放出する。このとき、分泌されたセロトニンは損傷部位の血管を収縮させる。ADPは他の血小板を粘着させ、その顆粒内容物の放出を促す。このような血小板の集まりは、赤血球が入っていないので白色血栓(白栓)という。白色血栓は、損傷された血管からの出血を抑えるうえで、重要な第一歩の過程とされている。
 血小板の生成は、血流中に存在するトロンボポイエチン、または血小板生成促進因子(TSF)とよばれる物質によって調節される。この物質は多形核巨大細胞の生成と成熟を促進する。[本田良行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の血小板の言及

【血液】より

…献血に際しては,比重が1.052以下の場合は不適格とされる。
[血球haemocyte(blood corpuscle)]
 血漿の中に浮遊している血液固有の細胞を血球といい,赤血球白血球血小板の3種類に大別される。耳たぶや皮下の静脈などの末梢血管から採った血液(これを末梢血という)について数の割合を調べてみると,白血球1に対して,血小板25,赤血球500である。…

【血球】より

…体腔や閉鎖性循環路をもつ無脊椎動物には,呼吸色素をもつ細胞もみられる。これらの細胞は,機能的にそれぞれ脊椎動物の赤血球や栓球(哺乳類では血小板)に類似し,またその発生は体腔や血管内皮から遊離する形をとるものが多い。一般に無脊椎動物にみられる血球の種類は動物の系統進化との明白な関係がみとめられない。…

※「血小板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血小板の関連キーワード症候性(続発性)血小板減少性紫斑病特発性血小板減少性紫斑病ルンペル‐レーデ現象レーデ‐ルンペル現象プロスタサイクリン血小板由来増殖因子血小板減少性紫斑病血小板機能異常症血小板活性化因子再生不良性貧血ウェルホーフ病血小板凝集反応チクロピジン血小板無力症血小板増加症血管内皮細胞血小板減少症オスラー現象血小板障害抗血小板剤

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血小板の関連情報