コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血洞 けっとうblood sinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血洞
けっとう
blood sinus

血管系のうち一部がふくれて腔状になっているもの。脊椎動物では静脈洞,胎盤の血洞がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の血洞の言及

【血管系】より

…全身の組織間隙からの血液は,心臓周囲に広がる大きな組織間隙(囲心腔)に集まり,心門(心臓壁の穴)から心臓内腔に入る。これから出る血管は分枝して全身に広がり,末端で血洞haematocoel(血液で満たされた組織間隙)に開く。血洞の一部はえらに血液を送り,えらの二次層板内に微細な網目を作って広がる組織間隙に流入する。…

※「血洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血洞の関連キーワードサイナス腺棘皮動物ウミユリヒトデナマコ感覚毛X器官血管系クモウニ書肺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android