血液銀行(読み)けつえきぎんこう

大辞林 第三版の解説

けつえきぎんこう【血液銀行】

患者・医療機関と献血者の間に立って輸血用血液を保存・管理し、必要に応じて供給することを目的とした施設。1936年シカゴに最初の組織ができた。日本では51年(昭和26)以降、血液を買い取る民間の組織ができたが、64年の献血制度の導入によりなくなった。 → 血液センター

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の血液銀行の言及

【血液センター】より

…血液を保存し医療機関の求めに応じて血液を供給する組織。以前は血液銀行blood bankと呼ばれた。この種の組織は,1936年にシカゴのクック郡立病院にできたのが最初といわれ,その後急速にアメリカをはじめ世界各地に広まった。…

【輸血】より

…日本に科学的輸血法が入ったのは1919年で,30年代以後広く行われるようになった。さらに52年には日本赤十字社に〈血液銀行〉事業所が設置され,64年〈血液センター〉に改組され,供給体制が整備された。血液センター
[全血輸血と成分輸血]
 前述のように,かつては輸血といえば全血輸血が行われてきた。…

※「血液銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血液銀行の関連情報