コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管縫合 けっかんほうごうsuture of blood vessel

1件 の用語解説(血管縫合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんほうごう【血管縫合 suture of blood vessel】

血管を縫い合わせること。縫合には合成繊維の糸が用いられ,血管壁に与える損傷を最少にするために糸つきの針(無傷針)が用いられている。血管縫合には切開部をそのまま縫う側壁縫合,血管の端と端を縫う端々吻合(ふんごう),一方の血管の側面に他方の血管の端を縫合する端側吻合などがあるが,いずれも特殊な場合を除いて連続縫合が行われている。縫合の原則は,血液が漏れないようにできるだけ針数を少なくすることと,正確に内膜と内膜があうように注意することである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血管縫合の関連情報