コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血管縫合 けっかんほうごう suture of blood vessel

1件 の用語解説(血管縫合の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっかんほうごう【血管縫合 suture of blood vessel】

血管を縫い合わせること。縫合には合成繊維の糸が用いられ,血管壁に与える損傷を最少にするために糸つきの針(無傷針)が用いられている。血管縫合には切開部をそのまま縫う側壁縫合,血管の端と端を縫う端々吻合(ふんごう),一方の血管の側面に他方の血管の端を縫合する端側吻合などがあるが,いずれも特殊な場合を除いて連続縫合が行われている。縫合の原則は,血液が漏れないようにできるだけ針数を少なくすることと,正確に内膜と内膜があうように注意することである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

血管縫合の関連キーワード縫合背縫いい・せる毛抜き合せ縫合す縫合せる縫代端縫い襤褸綴じ合成繊維紙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血管縫合の関連情報