行として可ならざるはなし(読み)ゆくとしてかならざるはなし

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆく【行】 と して可(か)ならざるはなし

何をやってもよくできないものはない。行なったものはみな十分の成果を得る。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉その時分の文壇「絵画論、演劇論、往くとして可ならざるなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android