コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行観 ぎょうかん

朝日日本歴史人物事典の解説

行観

没年:延久5.3.28(1073.5.7)
生年:長和2(1013)
平安中期の天台宗の僧。小一条院敦明の子。園城寺長吏行尊の叔父。錦織庄(滋賀県大津市)の尊勝院に住み,錦織僧正と称される。定基に従って園城寺に入り,行円から灌頂を受ける。永承3(1048)年に法眼に叙せられ,のちに僧正となったが,延久2(1070)年に辞職した。源頼義,義家父子の帰依を受け,頼義は錦織山に八幡宮を祀り,行観は盲人であった義家の娘の目を開かせたという。また義家の弟の義光も園城寺の周辺に住んで新羅三郎と称した。弟子に良意がいる。<参考文献>柳田暹暎「錦織僧正行観について」(『園城寺』27号)

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

行観 (ぎょうかん)

生年月日:1241年5月18日
鎌倉時代の浄土宗西山派の僧
1325年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

行観の関連キーワード観光立国推進基本法一ノ瀬ワタル浄土宗西山派VOICEスワン諸島ミシュラン笈の小文岡本夏美アサガオ生年月日弘中麻紀藤原道長宮迫博之宮﨑香蓮荒井萌織部本斎藤萌覚融増誉観法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行観の関連情報