治暦(読み)じりゃく

日本の元号がわかる事典「治暦」の解説

じりゃく【治暦】

日本の元号年号)。平安時代の1065年から1069年まで、後冷泉(ごれいぜい)天皇、後三条(ごさんじょう)天皇の代の元号。前元号は康平(こうへい)。次元号は延久(えんきゅう)。1065年(康平8)8月2日改元旱魃(かんばつ)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。また、同年は陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)にあたり、これも改元の理由となった。『尚書正義(しょうしょせいぎ)』『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。1068年(治暦4)に後冷泉天皇が崩御し、異母弟後三条天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「治暦」の解説

じりゃく ヂリャク【治暦】

後冷泉(ごれいぜい)・後三条両天皇の代の年号。康平八年(一〇六五)八月二日、旱魃・三合厄(災歳のこと)などのため改元、治暦五年(一〇六九)四月一三日に延久元年となる。出典は「尚書正義」の「君子以治暦明時」。

ちりゃく【治暦】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android