コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治暦 ジリャク

大辞林 第三版の解説

じりゃく【治暦】

年号(1065.8.2~1069.4.13)。康平の後、延久の前。後冷泉ごれいぜい・後三条天皇の代。ちりゃく。

ちりゃく【治暦】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じりゃく【治暦】

日本の元号(年号)。平安時代の1065年から1069年まで、後冷泉(ごれいぜい)天皇、後三条(ごさんじょう)天皇の代の元号。前元号は康平(こうへい)。次元号は延久(えんきゅう)。1065年(康平8)8月2日改元。旱魃(かんばつ)の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。また、同年は陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)にあたり、これも改元の理由となった。『尚書正義(しょうしょせいぎ)』『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。1068年(治暦4)に後冷泉天皇が崩御し、異母弟の後三条天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

治暦の関連キーワード信子女王(2)大乗院日記目録藤原経任(1)成尋阿闍梨母集佳子内親王聡子内親王覚円(1)篤子内親王俊子内親王行観(1)四条宮下野三浦義継敬子女王藤原昭子藤原資平藤原生子藤原明衡災異改元藤原歓子藤原宗俊