コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚融 かくゆう

1件 の用語解説(覚融の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚融 かくゆう

1241-1325 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)2年5月18日生まれ。浄土宗。観智にまなぶ。武蔵(むさし)鵜木(東京都)光明寺にはいり,宝幢院を創建,西山派の宗義を大成した。のち京都の禅林寺19世となった。正中(しょうちゅう)2年9月5日死去。85歳。俗姓は秦。字(あざな)は行観。著作に「観経疏私記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚融の関連キーワード窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台博多祇園山笠サフラ崇福寺ハンザ同盟リーグニツの戦シギショアラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone