コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚融 かくゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚融 かくゆう

1241-1325 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)2年5月18日生まれ。浄土宗。観智にまなぶ。武蔵(むさし)鵜木(東京都)光明寺にはいり,宝幢院を創建,西山派の宗義を大成した。のち京都の禅林寺19世となった。正中(しょうちゅう)2年9月5日死去。85歳。俗姓は秦。字(あざな)は行観。著作に「観経疏私記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚融の関連キーワード行観(2)鎌倉時代印融仁治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android