術中に陥る(読み)じゅっちゅうにおちいる

精選版 日本国語大辞典「術中に陥る」の解説

じゅっちゅう【術中】 に 陥(おちい)

相手の計略にひっかかる。謀略にかかる。
※滑稽本・風来六部集(1780)痿陰隠逸伝「時政が術中(ジュッチウ)に陥(オチイリ)て纔三代も怒通すことを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「術中に陥る」の解説

術中じゅっちゅうおちい・る

計略にひっかかる。「まんまと敵の―・る」
[類語]罠に掛かるまつげを読まれる一杯食う口車に乗るしてやられる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android