術中に陥る(読み)じゅっちゅうにおちいる

精選版 日本国語大辞典「術中に陥る」の解説

じゅっちゅう【術中】 に 陥(おちい)

相手の計略にひっかかる。謀略にかかる。
※滑稽本・風来六部集(1780)痿陰隠逸伝「時政が術中(ジュッチウ)に陥(オチイリ)て纔三代も怒通すことを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「術中に陥る」の解説

術中(じゅっちゅう)に陥(おちい)・る

計略にひっかかる。「まんまとの―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android