コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝撃式試錐 しょうげきしきしすいpercussion drilling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝撃式試錐
しょうげきしきしすい
percussion drilling

重い鑿の落下によって岩石に衝撃を加えて破砕しながら掘り進む試錐。使用される鑿は平鑿,十字鑿などで,これに錐桿をつけて落下させる。桿の落下させ方によってロッドボーリング,綱ボーリングに大別される。古くから日本で行われていた上総掘りは綱ボーリングに属する。 (→鑿井機械 , チャーンドリル )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android