コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝撃音 しょうげきおんimpulsive tone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝撃音
しょうげきおん
impulsive tone

持続時間がきわめて短い。物体をたたいたり,火薬が爆発したり,火花放電をしたときのように,瞬間的に急激な力が作用するときに生じる。衝撃音には多くの周波数の音が含まれているが,力の作用する時間が短いほど高い音の成分が多い。理想的な衝撃 (インパルス) は均一にすべての周波数成分を有する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

衝撃音の関連キーワードトンネル微気圧波ソニックブームトンネルどんフローリング建設工事騒音ノッキング極超音速デシベルマッハ数超音速遮音床新幹線遷音速亜音速敷網L値

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衝撃音の関連情報