コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝撃音 しょうげきおんimpulsive tone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝撃音
しょうげきおん
impulsive tone

持続時間がきわめて短い。物体をたたいたり,火薬が爆発したり,火花放電をしたときのように,瞬間的に急激な力が作用するときに生じる。衝撃音には多くの周波数の音が含まれているが,力の作用する時間が短いほど高い音の成分が多い。理想的な衝撃 (インパルス) は均一にすべての周波数成分を有する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

衝撃音の関連キーワードトンネル微気圧波ソニックブームトンネルどんフローリング建設工事騒音ノッキング極超音速デシベルマッハ数超音速遮音床新幹線遷音速亜音速敷網L値

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衝撃音の関連情報