衣の領(読み)コロモノクビ

デジタル大辞泉の解説

ころも‐の‐くび【衣の領】

着物の襟。
「―より針を抜き出で、箱に入れて御弟子(みでし)に還し奉る」〈今昔・四・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きぬ【衣】 の 領(くび)

※書紀(720)天武元年六月(北野本訓)「便ち其の襟(キヌノクヒ)を取りて引き堕して射て一箭を中つ」

ころも【衣】 の 領(くび)

着物のえり。特に、着物をかき合わせる部分。
※古事記(712)中「懐より劔を出し、熊曾(くまそ)が衣衿(ころものくび)を取りて、以劔(たちも)て其の胸より刺し通したまひし時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android