衣粥(読み)コロモガユ

精選版 日本国語大辞典の解説

ころも‐がゆ【衣粥】

〘名〙 仏語。比叡山延暦寺で、陰暦一一月一四日から一〇日間にわたって天台大師の忌日を期して行なう法華八講が終わって、翌二四日に行なわれた大師供に用いられるかゆ。ふつう、あずき、だんごなどを入れる。追い出しがゆ。知恵がゆ。霜月がゆ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android