コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁安臥雪図 えんあんがせつずYuán Ān wò xuě tú

世界大百科事典 第2版の解説

えんあんがせつず【袁安臥雪図 Yuán Ān wò xuě tú】

中国画の画題。袁安(?‐92)は後漢の人。字は邵公,官は河南の尹にまで進んだ。洛陽が大雪の日,洛陽の長官が市中を見まわっていると,袁安の家のみ戸を閉ざし,中で横臥していた。その理由を問うと,市中の食糧不足を案じてそうしていると答えたという。一種の勧戒的画題として古くから描かれたらしいが,現存遺品は山水画的なものが多い。伝顔輝筆(台北故宮博物院)はその典型。【海老根 聰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android