袁安臥雪図(読み)えんあんがせつず(英語表記)Yuán Ān wò xuě tú

世界大百科事典 第2版の解説

えんあんがせつず【袁安臥雪図 Yuán Ān wò xuě tú】

中国画の画題。袁安(?‐92)は後漢の人。字は邵公,官は河南の尹にまで進んだ。洛陽が大雪の日,洛陽の長官が市中を見まわっていると,袁安の家のみ戸を閉ざし,中で横臥していた。その理由を問うと,市中の食糧不足を案じてそうしていると答えたという。一種の勧戒的画題として古くから描かれたらしいが,現存遺品は山水画的なものが多い。伝顔輝筆(台北故宮博物院)はその典型。【海老根 聰郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android