コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁安臥雪図 えんあんがせつず Yuán Ān wò xuě tú

1件 の用語解説(袁安臥雪図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんあんがせつず【袁安臥雪図 Yuán Ān wò xuě tú】

中国画の画題。袁安(?‐92)は後漢の人。字は邵公,官は河南の尹にまで進んだ。洛陽が大雪の日,洛陽の長官が市中を見まわっていると,袁安の家のみ戸を閉ざし,中で横臥していた。その理由を問うと,市中の食糧不足を案じてそうしていると答えたという。一種の勧戒的画題として古くから描かれたらしいが,現存遺品は山水画的なものが多い。伝顔輝筆(台北故宮博物院)はその典型。【海老根 聰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袁安臥雪図の関連キーワード許慎君子後漢後漢書東漢五友四清双清白虎通義翎毛画