コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁派 えんぱYuan-pai

1件 の用語解説(袁派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袁派
えんぱ
Yuan-pai

中国,清初の宮廷画院画家であった袁江,袁曜や袁濤系の一派を呼ぶ。この派の画家は北宗画や浙派 (せっぱ) の影響を受け,強い筆致で立体感のある山水画を描き,同時に界画をも得意とし画壇で特異な画風を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の袁派の言及

【袁江】より

…17世紀末から18世紀初めにかけ,揚州を中心に塩商の庇護を受けて活躍し,主に装飾的な楼閣山水の大画面を制作した。袁雪,袁耀とともに袁派と呼ばれ,他に画風のよく似た李寅がいたが,互いの関係は不詳である。1724年(雍正2)ころ,北京に赴き,さらに山西の塩商の招きで太原に移ったという。…

※「袁派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone