コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋縫い フクロヌイ

デジタル大辞泉の解説

ふくろ‐ぬい〔‐ぬひ〕【袋縫い】

縫い代(しろ)がほつれないように中縫いをする方法。最初に布の表を出して端を浅く縫ったのち、裏返して本縫いをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくろぬい【袋縫い】

( 名 ) スル
縫い代しろの処理の仕方の一。外表に合わせて布端を浅く縫い合わせ、次いで裏返して、その縫い代を包んで出来上がり線を縫う。裁ち目が外に表れないのでほつれにくい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

袋縫いの関連キーワード基礎縫いワラビー地縫い撓い外表

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android