袖師浦(読み)ソデシノウラ

デジタル大辞泉の解説

そでし‐の‐うら【袖師浦】

静岡県静岡市東部、旧清水市の袖師の海岸。また、島根県松江市馬潟の中海の湖岸。一説に松江市の宍道湖(しんじこ)岸とも。[歌枕]
「から衣―のうつせ貝むなしき恋に年の経ぬらむ」〈後拾遺・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでしのうら【袖師浦】

静岡市清水区袖師町の海浜。三保松原を眺望する景勝地。
島根県松江市馬潟町、中海に面する海岸。 〔歌枕としての「袖師浦」はともともいわれる。「から衣-のうつせ貝むなしき恋に年のへぬらむ/後拾遺 恋一」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android