コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖振り合うも多少の縁(間違いやすいことば) ソデフリアウモタショウノエン

1件 の用語解説(袖振り合うも多少の縁(間違いやすいことば)の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

×袖振り合うも多少の縁

袖振り合うも多生の縁
「多少」ではなく「多生(俗に「他生」とも)」で、「袖振り合うも多生の縁」が正しい。「多生」は仏教語で「前世」の意味。袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、前世からの因縁によって起きるという意。「多少」では、「ちょっとした(少しの・少々の)縁」ということになる。なお「他生」も仏教語で、前世と来世の意。「袖摺り合うも多生の縁」とも。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

袖振り合うも多少の縁(間違いやすいことば)の関連キーワード茂り合う袖振り合うも多生の縁他生の縁多生の縁代り合う腐り合う袖すり合うも多生の縁振合う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone