コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袞竜の御衣 コンリョウノギョイ

デジタル大辞泉の解説

こんりょう‐の‐ぎょい【×竜の御衣】

昔、天皇が着用した中国風の礼服上衣と裳(も)とからなり、上衣は赤地に、日・月・星・竜・山・火・雉子(きじ)などの縫い取りをした綾織物。即位式や大嘗会(だいじょうえ)・朝賀などの儀式に用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんりょうのぎょい【袞竜の御衣】

天皇が朝賀・即位などの儀式に用いた礼服。赤地綾織の上衣と裳からなり、竜・火など12種の縫い取りがある。中国の制にならったもので、孝明天皇即位まで用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

袞竜の御衣の関連キーワード袞竜

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android