綾織物(読み)アヤオリモノ

  • ×綾織物

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 模様を織り出した美しい絹織物。朝廷では五位以上の者の朝服に限り許されたが、蔵人(くろうど)は六位でも着用を許された。あやおり。あや。
※竹取(9C末‐10C初)「内々のしつらひには、いふべくもあらぬ綾をり物に絵をかきて、誠はりたり」
② 斜文組織の織物。経(たていと)が斜め方向に畝(うね)をなし、綾線を表わす。糸密度は多く、地質はやや柔軟。片面綾と両面綾がある。綾綿布。葛城。サージ。ギャバジン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android