コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝賀 ちょうが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝賀
ちょうが

元日に天皇大極殿群臣の年頭の拝賀を受ける儀式朝拝ともいう。孝徳天皇大化2 (646) 年に始ったといわれる。その儀式は令制により整備された。令制上の大典であったが,一条天皇 (在位 986~1011) の頃から行われなくなり,朝賀は天皇の即位式に伝わり,元日には略式の小朝拝のみとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうが【朝賀】

正月の元日に皇太子以下諸臣が朝廷に参上し,天皇,皇后に新年のよろこびを奏上する儀式。朝拝,〈みかどおがみ〉ともいう。本来は中国の儀式で,日本では646年(大化2)に大極殿に行われたのが初見である。即位式とともに大儀で,皇太子以下は礼服を着し,唐風に行われた。大極殿前庭の式場には竜尾壇と称する階段に鳥形幢を立て,東に日像・朱雀・青竜幡,西に月像・白虎・玄武幡などを立て,香炉などが設けられる。大極殿には天皇の高御座(たかみくら)と皇后の御座が設けられ,皇太子が高御座の前に至り,賀のことばを奏上する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうが【朝賀】

諸臣が参内して寿詞を述べること。
古代、一月一日に天皇が大極殿で臣下から祝賀を受ける儀式。律令制下における天皇の重要な儀式であったが、平安中期以降は略式化され、小朝拝のみが元日に行われるようになった。朝拝。拝賀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝賀
ちょうが

朝廷の年中行事。1月1日、群臣が年始の礼として大極殿(だいごくでん)に出御した天皇に、「拝舞(はいぶ)」という礼を行った儀式。「朝拝(ちょうはい)」「みかどおがみ」ともいった。中国で漢朝以来行われていた朝賀の制度を取り入れたもので、その礼服は純然たる中国式であった。わが国における起源は明確ではないが、孝徳(こうとく)天皇の646年(大化2)には行われている。
 その儀式は即位の式と同じで、盛装した群臣が大極殿の南庭に整列し、天皇は皇后とともに出御してから皇太子が賀を奏し、天皇がそれに答えて詔(みことのり)を下す。さらに群臣が拝舞(はいぶ)して年始の挨拶(あいさつ)をするというもので、きわめて大規模な盛儀であった。そのためかしだいに行われない年が多くなり、かわりにはるかに小規模な「小朝拝(こちょうはい)」が代行された。朝賀は一条(いちじょう)天皇の正暦(しょうりゃく)年間(990~995)以後は廃絶した。[酒井信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

朝賀の関連キーワード志賀島の国宝金印翳・刺羽・指羽志賀島の金印元日の節会袞竜の御衣御門拝み佐伯石湯鷲像纛幡烏形幢院拝礼万歳旛朝堂院獣形幔銅烏幢紫宸殿三山冠四神旗含耀門兕纛幡武礼冠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝賀の関連情報