コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災市街地復興特別措置法 ヒサイシガイチフッコウトクベツソチホウ

1件 の用語解説(被災市街地復興特別措置法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひさいしがいちふっこう‐とくべつそちほう〔ヒサイシガイチフクコウトクベツソチハフ〕【被災市街地復興特別措置法】

大規模な火災・震災などで被災した市街地の緊急・健全な復興を図るために講じる特別措置について定めた法律。阪神・淡路大震災を契機として平成7年(1995)に制定。無秩序な開発を防ぐため、被災市街地復興推進地域に指定された区域内では、市町村による市街地再開発事業が優先され、自由な建築行為は制限される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone