コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁着 たっつけ

大辞林 第三版の解説

たっつけ【裁着】

〔「たちつけ」の転〕
裁着袴」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裁着
たっつけ

(はかま)の一種。元来は武士の袴であったが、明治以降、農山村の山袴の一種として利用された。裁着は室町時代から武士の間に用いられ、当時は立付と書かれ、のち裁付、大刀付の語も用いられた。この袴の特色は、四幅(よの)袴の下に脛巾(はばき)を加えて歩行に便利なことである。織田信長の立付が、滋賀県安土(あづち)の総見寺に蔵されている。室町時代末から地方の武士の間に利用され、ことに江戸時代中期以降は山村の狩猟をする人たちに利用され、幕末尊王攘夷(そんのうじょうい)のあわただしい世情のおりには、武士の調練用の袴として、講武所の人たちに利用された。
 明治以降山村では「ゆきばかま」の名称で用いられたが、洋装化により裁着もズボンにかわり、現在では歌舞伎(かぶき)の黒子(くろこ)や相撲(すもう)の呼出し、また祭礼の際の芸者の手古舞(てこまい)姿にみるくらいである。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

裁着の関連キーワード万歳(まんざい)角兵衛獅子プレストン軽衫・軽袗尾張万歳ももひき民族衣装手古舞裁着袴仕事着こはぜ伊賀袴もんぺ革袴雪袴遠藤民具裁付段袋才蔵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android