コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脛巾/行纏 ハバキ

デジタル大辞泉の解説

はばき【脛巾/行纏】

旅行や作業などの際、すねに巻きつけてひもで結び、動きやすくしたもの。古くは(わら)や布で作った。後世の脚絆(きゃはん)にあたる。脛巾裳(はばきも)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脛巾【はばき】

古くはすねに着ける服装品の総称であったが,室町時代以後はもっぱら脚絆(きゃはん)の語が用いられている。しかし東北地方では布製のものを脚絆,ガマイグサ,わらなどで編んだものを脛巾と呼んで区別している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はばき【脛巾】

脚の脛(すね)に巻きつける服装品の一種。虫やいばら(茨,棘)の類から脚を保護し,雨雪をはじき防寒にもなるほか,足のしまりをよくして疲労を軽くするなど歩行時の動作をしやすくするために用いる。脛はガマ(蒲),イグサ(藺草),イチイ,稲わらのぬきなど植物の茎や葉を用いて,四角形または扇形に編み,上下にひもをつけ,これを足に巻いて固定する。かつては農作業山仕事のほか,一般に旅行,外出,雪中雨中の歩行にも用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脛巾
はばき

脚絆」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脛巾
はばき

足のすねを保護したり、(はかま)を着用した際に、裾(すそ)を始末するために用いる服飾品。古くから武士が、アオイ科のイチビの茎からとった繊維で臑当(すねあて)(脛当)をつくり、これをイチビはばきとよんでいた。また庶民、ことに農村では稲藁(わら)でつくって脛巾とした。室町時代以降脚絆(きゃはん)が現れて異名同物となったが、脚絆は布地でつくられるようになり、両者の区別が判然としてきた。農村では雪や雨のなかを歩く際、あるいは泥田の仕事用に用いられたが、その利用もしだいに減ってきている。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脛巾/行纏の言及

【脚絆】より

…労働や歩行の際,脛(すね)を保護し,動きやすくするためにつける服装品の一つで,広狭2義ある。古く平安時代には脛につける服装品の総称として〈はばき(脛巾)〉という語が行われていたが,室町時代になると〈きゃはん(脚巾,脚絆,脚半)〉という語があらわれ,江戸時代以降は脚絆が総称として用いられるようになった。脛巾と脚絆の区別は,一般的には,脛巾は稲わら,ガマ,イグサなどでつくられたもの,脚絆は主として布製のものとされるが,現在では地域によっては脛巾と脚絆の両方の語が用いられ,現物も混同しているようである。…

※「脛巾/行纏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脛巾/行纏の関連キーワードわらぐつ(藁沓∥藁靴)踏掛・踏懸脚絆・脚半舞楽装束ももひき浅見絅斎道中脛巾召具装束𦯶麻脛巾藁細工仕事着襲装束修験者大原女遠藤民具裁着行縢鎺金踏懸

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android