コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぶき

百科事典マイペディアの解説

かぶき

動詞〈傾(かぶ)く〉の連用形名詞化したもの。転じて正統的・伝統的ではない,異様な風体,自由奔放な行動,色めいた振舞いなどをさし,安土桃山時代から江戸時代初期にかけて時代の美意識を示す言葉としてもてはやされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぶき

かたむく,かたぶくことを表す動詞傾(かぶ)くの連用形からできた名詞。正常ではないようす,勝手気ままな言動,とびきりはでで異様な感じをひとに与える身なり・服飾,また色好み気風を漂わせるもの等々を意味することばとして,安土桃山時代から江戸時代初期にかけて流行した。あたかも〈ばさら〉の語が南北朝動乱期を中心としつつ,独自の美意識をしめす語として巷間に流布したように,この語もやはり戦国の争乱がしだいに天下一統の世へとおもむいた激動の時代の風潮を端的にいい表す独特の流行語としてもてはやされたといえるであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

かぶきの関連キーワード屏中門・屛中門・屏重門・屛重門並木正三(なみきしょうぞう)茶歌舞伎・茶香服・茶かぶきすっぽん(歌舞伎用語)かぶき者 慶次名古屋山三郎名古屋山三遊女歌舞伎菊五郎格子郡司 正勝歌舞伎草子金沢竜玉二瓶拓也出田博貴守屋 毅日葡辞書かぶき者大棟門賭け的浅黄幕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かぶきの関連情報